看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

興味がない研修に行かせないで!

毎週のように、研修というものがありました。内容は色々で、看護のことはもちろんですが病気についてなどもあります。医師の研修ではないかというものまであります。以前のページでも述べたように指導についてなどもあります。研修の場所はそれぞれ違います。病院内の場合もありますし、県内や県外、または泊まりがけの場合もあります。

流行の病が出たときなどは、すぐにその病名の研修が入ります。食虫毒や、今で言うエイズなどもそうです。そして、病院内で医療事故が起こったときなども、行います。話を聞くだけの研修や、スライドを使った研修。または、救命措置の研修などでは、人形を使ったりします。

そして、その研修のほとんどは自分が行きたい研修などを各病棟から何名か応募します。しかし、自ら研修に行くという人は決まっています。なので、師長が休みの日や日勤の人数が多いなどの人を見つけては無理やり研修に行かせるのです。私は研修には全く興味がありませんでした。学生時代から、話を聞くということよりかは、実習でというその場での体験の方が身になるからです。

しかし、入社して間もないときは、師長に言われれば行かざるを得ませんでした。何年かすると、断ることも覚えてくるのですが、師長はだいたい、誰がどこの研修に行ったという記録を残していたので、「一番少ないのはあなただから行きなさい」などと言われれば行かなければなりませんでした。電車の交通費は病院から支給されますが、車で行ける範囲の場所は車で行きました。泊まりの研修は行ったことがありません。海外の場合もありましたが、他のスタッフは取り合いで行きたがるのですが、興味はありませんでした。

しかし、ただ話しを聞きに行くだけなら、寝てればいいやと思うくらいなのですが、研修に行って1週間ほどで、病院の会議室などで、伝達講習というものをしなければいけませんでした。研修で聞いてきたこと、学んできたことを資料にまとめて何十人もいるスタッフの前で発表しなければなりませんでした。とにかく、それが一番、不快に思ったことです。発表だけなら、何とか行えますが、そのあとに質疑応答があるのです。質問をされても、自分で勉強したことや、研究したことではないので、答えられないのです。そうなると、無意味な参加だったと師長に言われ、また同じような研修に行くことになるのです。研究や、論文を書く人にはとてもいいことなのでしょうが、私にはストレスのひとつになっていたのも事実です。

スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.