看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老人がなぜか好き

私はとにかく物心ついたときから老人が大好きでした。おばあちゃん子と言うのもあったとは思いますが、老人を見ると「かわいい」「何かしてあげたい」と思っていました。街などで、老人が困っていたりすると、手を出さずにはいられませんでした。なので、今までの病院も老人関係のみで、成人や小児科、産婦人科などの経験はありません。そしていわゆる、世話好きでした。弟や動物の世話も好きで、手がかかればかかるほど、一生懸命に世話をしたいのです。そうすると、もちろん動物も慣れてくれるし、弟もお姉ちゃん子になるのです。

病院でも、とにかく老人の看護は大好きで、一緒に座り込んで話したりするのが大好きでした。耳かきや爪きりなどの生活援助などは、とても喜ばれます。そのたびに「かわいい」と思うのです。この人のために出来ることって何だろうと思いました。

だからその患者さんが亡くなったりすると感情移入して泣いてしまうことが多々ありました。普通は看護師の仕事に慣れてくると、涙を見せることはなくなるのですが、私はダメでした。

そして、老人病院になると、面会にくる方々も減ってきます。もしくは、面会に来る家族がいない方もいました。私は孫の代わりになって話をします。笑顔を見られるのが嬉しいのです。その反動か、老人病院ではありながらスタッフの知り合いなどで、成人の方が何人か入院して来たときには、上手く話せませんでした。緊張してしまうのです。どのような会話がいいのか、処置をしていてもコミュニケーションが取れないのです。やはり私は老人が好きなのです。多分これからも成人の病院への勤務はしないでしょう。老人ホームや長期療養型病院でしょう。

だいたいの看護師は、動作の遅い老人より成人の方がいいと言います。確かに仕事もスムーズに進むのは事実です。でも私は何をするにも手を貸してあげないと動けない老人を好みます。やはりそれは人それぞれで、小児科だけがいいという人もいるわけですから。ときには、昔の方ですから、頑固な方もいますが、それは腕の見せ所で、コミュニケーションをうまくとり、患者さんの笑顔を見たときには、泣きたくなるほど嬉しいものです。

スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.