看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

総合病院からクリニック等へ転職する際の注意点

看護師の転職で多いパターンが「総合病院等の大規模医療機関から、クリニック等の小規模医療機関に転職する」というものです。

その理由は「クリニックなら夜勤がないから」「総合病院では非常勤にしかなれなかったので、常勤になれるクリニックを狙った」等といったものが代表的です。

確かに、夜勤という大きな負担がない状態で常勤になれるというクリニック等への転職は、非常に魅力的に映ると思います。

ですが、こうした条件だけを見てクリニック等に転職を決めてしまうと、後悔してしまうケースも少なくないのです。

その理由として大きいのは「これまでと仕事のやり方や範囲があまりにも違いすぎる」というものですね。

どういう事かと言うと、まず、大規模医療機関と小規模医療機関とでは、そこにある設備等に歴然とした差がある事が多いのです。

たとえば総合病院で最新設備の操作には慣れていても、昔ながらのクリニックにある旧式の設備は使い勝手が悪くて慣れない、効率の悪さが気になって仕方ない、ということが挙げられます。

そしてもうひとつは、小規模医療機関であればあるほど、看護師にはオールマイティーな仕事が求められるという事。

大規模医療機関であれば業務そのものがある程度分業化されているケースも多いのですが、小規模医療機関の場合、看護師そのものの数が少ないために、「すべての看護師に、すべての看護業務をやってもらう」というだけでなく、「看護業務だけでなくその他の雑用までお任せする」というスタンスを取っているところも多いのです。

また、収入についても大規模医療機関よりも小規模医療機関の方がどうしても少なくなりがちです。

「夜勤がないからある程度の収入ダウンは覚悟していたけど、やっぱりこの給料でこれほど広範囲の仕事を任されるのは割に合わないと思ってしまう」などと後悔する事がないよう、大規模医療機関と小規模医療機関のスタイルの違いを事前にしっかりと理解した上で、転職先を探しましょう。

スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.