看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ハローワークの利用

看護師が転職先を探す際の手段として、実は最もよく使われるのはハローワークです。

これは厚生労働省が発表した「看護職員就業状況等実態調査結果」における「再就職先を探す際に利用している又は利用したい施設(主なもの3つまで選択)」のアンケート結果でも証明されています。

このアンケート結果によると、再就職先を探す先として、なんと62.8%もの人がハローワークを利用。これ以外に、過半数の人が利用しているという結果が出た項目はないので、数字的には文句なしの第1位、と言えるでしょう。

ですが、この結果があるからと言って「転職先探しはハローワークに任せていればOK」というわけではありません。

なぜなら、ハローワークは「失業保険の手続き等のために、利用が実質上義務付けられていたから利用しただけ」という、消極的な理由での利用者も少なからず含まれているからです。

また、ハローワークを転職先探しの手段のひとつとして選ぶのはいいですが、「メインの探し先」にする事はあまりお勧めできません。

なぜなら、当たり前の話ですがハローワークは看護師の求人に特化しているわけではなく、あらゆる職種の求人を取り扱っているからです。

ハローワークの窓口では転職に関する相談なども受け付けてはもらえますが、「ハローワーク職員が看護師の事を詳しく知っていて、看護師ならではの転職事情を詳しくアドバイスしてくれる」などというケースはめったにありません。

あくまで、その他の職種も含めた、ごく一般的な転職アドバイスにとどまってしまう事が多いのです。

こうした要素を考えると、ハローワークは「利用が義務付けられている分だけは利用する」ぐらいに考えておいてもいいでしょう。むしろ「最も多くの看護師が利用しているから」とすべてを頼り切ってしまう事の方が問題です。

ハローワークは無料で利用出来ますので、わざわざ選択肢から完全に外す必要はありませんが、期待しすぎず「もしここでいい情報が見つかれば儲けもの」と、気楽に構えておきましょう。

スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.