看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

70〜74歳 医療費の窓口負担増確定 補正予算成立で

一部メディアの報道によると、6日に2013年度補正予算が成立したのに伴い、4月から70〜74歳の医療費の窓口負担割合(特例で1割に凍結中)の2割引き上げが確定しました。また、来週には消費増税に伴う「初診料」の値上げなど14年度診療報酬改定の全容が決まる見込みで、患者にとっては医療費の負担増が相次ぐ春となります。

70〜74歳の医療費窓口負担は、法律上08年度から2割にアップされていますが、高齢者の反発を恐れた歴代政権が毎年2,000億円程度を投入して先送りしてきた経緯がありました。しかし、医療財政の厳しさから6年間続く特例を打ち切ることになりました。

ただし、4月以降新たに70歳となる人が対象で、5年かけて順次74歳まで2割負担の世代を広げていくことになります。既に70歳以上の人は1割のまま据え置き、今後70歳になる人は現在3割なので、個人でみれば負担増となる人はいません。

厚生労働省によると、70~74歳の窓口負担額は平均で年4.5万円(10年度)となっていますが、特例打ち切り後は平均で年7.4万円に跳ね上がるとみられています。医療費窓口負担には、月々の上限額を設けた「高額療養費制度」があり、実際に患者が払う額はこの上限との兼ね合いで決まります。

ただ、この「高額療養費制度」についても、厚労省において見直しの検討が進められており、26年度の予算案には現行の3区分を5区分に細分化する案が盛り込まれ、70歳未満の年収570万円以上の人や70歳以上の高額所得者の上限額が引き上げられることになりそうです。

一方、4月からの診療報酬改定では患者の負担増に直結する項目が並んでいます。初めて治療を受ける際にかかる初診料(現在2,700円)は120円増の2,820円となり、窓口負担が3割の人の支払いは36円増の846円となります。

2回目以降の再診料(現在690円)も30円増の720円になり、自己負担は9円増の216円に、入院基本料(1日9,450円〜15,660円など)も2%程度上がります。値上げ幅については調整中ですが、医師確保策の一環で深夜や休日、時間外の手術費も高くなります。

スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.