看護師

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

大阪にPMDA関西拠点 医療産業支援の体制整う

一部メディアの報道によると、厚生労働省は7日、新薬などの有効性や安全性を審査する独立行政法人、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の関西拠点を10月に大阪市に設けることを決めました。5月に設置された同省所管の医薬基盤研究…

»詳細を見る

地域で支える医療へITで診療情報を共有 足利市で試験運用開始

一部メディアの報道によると、県内の病院や診療所が患者の診療情報や検査画像をネットワーク回線で共有するシステム「とちまるネット」の試験運用が、15日までに栃木県足利市内の医療機関で始まりました。
「とちまるネ…

»詳細を見る

iPS臨床研究の了承で研究加速

一部メディアの報道によると、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って目の網膜の一部を再生し、病気で失われた患者の視力を回復させる臨床研究について厚生労働省の審査委員会は26日夜開いた会合で、「加齢黄斑変性」という重…

»詳細を見る

若年脳卒中 中高年と違い 多い「出血性」

一部メディアの報道によると、日本人の死亡原因の第4位を占める脳卒中の患者のほとんどは中高年ですが、今年初めに30代の女性アナウンサーの発症が明らかになるなど、比較的若い世代でも起こることが注目を集めています。…

»詳細を見る

「第3の矢」の柱の一つ 再生医療の産業化推進へ検討会議

一部メディアの報道によると、政府は10日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使う再生医療の産業化に向けた検討会議を始動させました。再生医療産業の育成は安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の第3の矢になる成長戦略…

»詳細を見る

2025年問題 看護師不足に強い危機感 自治体が緊急の対策

一部メディアの報道によると、戦後生まれのベビーブーム世代(いわゆる団塊の世代)が、前期高齢者(65~74歳)に達するのが2015年、その10年後2025年の高齢者人口は全国で推計3500万人とされていることから、今、医療現場では、その2025年問題…

»詳細を見る

産科医療補償制度 保険料引き下げ検討へ

一部メディアの報道によると、出産時の事故で、子どもが重い脳性まひになった場合、補償金を支払う「産科医療補償制度」で、妊婦が支払う保険料を決める基となる補償の対象人数を改めて推計し直した結果、これまでより…

»詳細を見る

医師登録、目標の6倍超 熊本版災害医療チーム「熊本JMAT」

一部メディアの報道によると、熊本県医師会(福田稠[しげる]会長)が、県内で災害が起きた際に被災地の医療活動を支援する目的で編成作業を進めているチーム「熊本JMAT」に、当初目標の6倍を超す医師191人が登録したことが分…

»詳細を見る

理研・ニコン 17年度めどに移植用iPSを量産 低コスト技術、再生医療普及に弾み

一部メディアの報道によると、理化学研究所(埼玉県・和光市)やニコン(東京都・千代田区)などは、iPS細胞を使った再生医療を低コストで実現するための技術を共同開発することになりました。2017年度をメドに病気や事故で傷…

»詳細を見る

「医療的ケア」人材育成急ぐ、研修定員を倍増へ [福岡県]

一部メディアの報道によると、福岡県は本年度、原則的に医師や看護師にしか認められていなかった重い障害がある人の痰(たん)の吸引など「医療的ケア」をヘルパーが代行できるようにする研修の定員を、当初予定の100人か…

»詳細を見る

重粒子線軸に医療産業集積「がん特区」に指定 群馬県

一部メディアの報道によると、政府は13日、群馬県が申請していた「がん治療技術地域活性化総合特区」を指定しました。先進医療の重粒子線治療技術に強い群馬大学を中心に産官学が連携し、医療産業の集積を目指す構想とし…

»詳細を見る

島根県立大 看護師らの研究支援施設開設

一部メディアの報道によると、島根県立大学は10月1日、各地で働く保健師や看護師、助産師らの知識・技能を高め、培った研究成果を地域に還元するための拠点施設「しまね看護交流センター」を出雲キャンパス(出雲市)に開…

»詳細を見る

社会保障制度改革後も「医療・介護」の公費投入、低所得層配慮で増加

一部メディアの報道によると、厚生労働省は、医療費の自己負担に上限を設けている「高額療養費制度」について、低所得者の負担は重くならないようにする一方、高所得者の負担の上限を大幅に引き上げる案を軸に調整を進…

»詳細を見る

再稼働にらむ政府、原発事故時を想定し 被曝医療の拠点を全国に

一部メディアの報道によると、政府は東京電力福島第1原子力発電所の事故の反省を踏まえ緊急時の被曝(ひばく)医療体制を刷新することになりました。厚生労働省が持つ災害向けの病院のネットワークを使うほか、高度な治…

»詳細を見る

高額医療費の計算ミスで過払い・不払い 170市町村

一部メディアの報道によると、医療費の自己負担額に上限を設けた「高額療養費制度」をめぐり、170市町村(9道県)の国民健康保険が2011年5月から今年7月の間、一部のケースで患者側が支払う金額の計算を誤っていたことがわかりま…

»詳細を見る
Page 2 of 4«1234»
スポンサード リンク
?看護師コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.