仕事

ラスベガスのカジノディーラーになるには

「ラスベガスのカジノディーラー」ときいても、一般的な日本人にとっては映画や海外ドラマの世界の登場人物としか思えませんよね。でも、実際にラスベガスを含め、海外で仕事をしている日本人カジノディーラーは存在します。また、昨今では日本でもIR整備法・IR実施法が成立し、カジノディーラーになりたいという人も増えてきているようです。カジノが合法化したら「日本史上初」の仕事に就けると考えると、夢もありますよね! でも、実際に日本にランドカジノがオープンするのはまだまだ先の話で具体的なスケジュールも曖昧です。なので、すぐにカジノディーラーとして仕事をはじめて、経験を積みたいという人もいることでしょう。そうすると、日本ではランドカジノ自体が無い以上、選択肢としては海外にいくしかありません。また、できれば本場のカジノで経験を積みたい!という方もいるでしょう。 そこで、本記事では海外でカジノディーラーになることについての情報をまとめてみました。 まずはカジノスクールに行くこと カジノディーラーになるには、まずはカジノスクールに行くことが第一歩となるようです。カジノスクールは日本国内にも、海外にもあるようです。スクールに行かずにインターンに応募する方法もあるようですが、それには自信も度胸がいるかもしれませんね。スクールに行っておいた方が、業界の人脈も築ける可能性が高いでしょう。 選択肢としては次のルートがあるわけです。 ・海外のカジノのインターンシップに応募する ・日本のカジノスクールで勉強しインターンシップなどで海外経験を積む ・海外のスクールで資格を取る どのルートを目指すべきかは、各個人の英語力などにもよるでしょう。海外のカジノスクールには現地のカジノと繋がりがあり、卒業するとそのまま就職できるケースもあるようです。まぁ、そこは運かもしれませんが…。国内にもいくつかスクールはあるので、『カジノ スクール 日本』といったキーワードで検索してみましょう。 […]

仕事

マルタでカジノディーラーとして働くということ

まずは語学を習得しよう 今や世界共通言語となった英語。元々語学力のある方は兎も角、まずは英語力を磨くことがスタート地点となります。マルタの公用語は英語です。マルタではいくつかの語学学校もあり、現地の雰囲気や生活を肌で感じながら英語力を磨くことができます。学校によっては履歴書の作成のサポートや、現地就職のサポートを行ってくれるスクールもあります。マルタのカジノで働くということが目標としてあるならば、まずはマルタで語学留学をすることは近道となるでしょう。 マルタのカジノで働く まず、海外で働くということにおいて障壁となるのがインターンという制度です。海外の他の国ではインターンを行う際に多額の費用が発生することが多く、これが大きな壁となります。その点マルタではそれほどの費用をかけずにインターンの採用を行っている会社が沢山あります。また、マルタにはホテルや沢山のカジノがあり、ディーラーとしてのスタートアップにはうってつけの国と言えます。またマルタは日本ではあまりなじみのない国ですが、気候も良く、年間300日が晴れとも言われています。日本の都会に慣れていると少し不便な交通網ですがそれもまたマルタの魅力と言えるでしょう。 カジノでの仕事というと大きく二つに分かれます。一つは一般的なカジノでディーラーとして働くこと、もう一つはオンラインカジノでのサポートの仕事などがあります。 一般的なカジノディーラーとして働くためには採用の際に英語力の他にディーラーとしての技術を問われます。最初はインターンとしてスタートし徐々にステップアップしていくのがルートとなるでしょう。ディーラーとしての技術に不安がある場合はカジノスクールなどで学んでからチャレンジするのも一つの手です。最高級のカジノで働けるようになるまでには大変な苦労と情熱が必要ですが、夢のために苦労はつきものですよね。 一方、オンラインカジノカンパニーはリアルマネーでスロット・ルーレット・テーブルゲームなどを気軽にプレイできるゲームの会社で、主に日本人はサポートとしての仕事はチャットメールで日本のカスタマーに向けて質問応対やマーケティングを行います。マルタの求人で検索してみると意外に多くの会社が日本人を募集しています。 どちらの求人においてもカジノの知識と英語力は問われる所ですので、自分が将来どちらのタイプのカジノで働きたいかを考慮して進路を決定する必要があります。

仕事

Japan Casino Schoolとは?

日本でカジノを扱う特別な学校としてJapan Casino Schoolは2004年4月に誕生しました。しばしばメディアに取り上げられることもあり、このカジノスクールは日本ではとても有名なカジノスクールです。開校してからおおよそ800人以上の生徒を輩出しており、そのうち20%は海外のカジノでディーラーとして活躍しています。他の卒業生たちはアミューズメント施設のカジノや豪華客船、沢山のホテルで仕事をしています。 プロフェッショナルになるための技術の訓練を行う一方、文化的なホスピタリティ精神を持った技術者を育てるために重要な目標を設定しています。このスクールの講師は海外のカジノでの経験を豊富に持っており、とても高いホスピタリティ基準とカスタマーサービスの経験も兼ね備えています。このスクールでは在校生に国際的な視点をもち、貢献できることを示せることを、日本社会だけでなく、世界中にも示せることを望んでいます。在校生にはポジティブな力となってもらい、スクール自身はカジノコミュニティの中に生産的であることでモデルを供給できることを目指しています。 最後に、Japan Casino Schoolはプライドを持ってホスピタリティ産業にしっかりとした基礎を卒業生を通して示すことをミッションとしています。 スクールで学べること 提供されているコースは三種類で、短いものでは三カ月、六カ月、一年と期間が異なります。 スクールではカジノディーラーの基本的な技術として、シャッフルやカッティングなどを教えます。そしてアメリカンルーレットを使用しての使用法や、ブラックジャックではラスベガススタイルのゲームを学ぶことができます。もちろん、ミニバカラやポーカーなどのトレーニングも準備されています。その他にもカジノ文化の学習、カジノの歴史や世界中の様々なゲームに関する知識なども学べます。 […]