マルタでカジノディーラーとして働くということ

まずは語学を習得しよう

今や世界共通言語となった英語。元々語学力のある方は兎も角、まずは英語力を磨くことがスタート地点となります。マルタの公用語は英語です。マルタではいくつかの語学学校もあり、現地の雰囲気や生活を肌で感じながら英語力を磨くことができます。学校によっては履歴書の作成のサポートや、現地就職のサポートを行ってくれるスクールもあります。マルタのカジノで働くということが目標としてあるならば、まずはマルタで語学留学をすることは近道となるでしょう。

マルタのカジノで働く

まず、海外で働くということにおいて障壁となるのがインターンという制度です。海外の他の国ではインターンを行う際に多額の費用が発生することが多く、これが大きな壁となります。その点マルタではそれほどの費用をかけずにインターンの採用を行っている会社が沢山あります。また、マルタにはホテルや沢山のカジノがあり、ディーラーとしてのスタートアップにはうってつけの国と言えます。またマルタは日本ではあまりなじみのない国ですが、気候も良く、年間300日が晴れとも言われています。日本の都会に慣れていると少し不便な交通網ですがそれもまたマルタの魅力と言えるでしょう。

カジノでの仕事というと大きく二つに分かれます。一つは一般的なカジノでディーラーとして働くこと、もう一つはオンラインカジノでのサポートの仕事などがあります。

一般的なカジノディーラーとして働くためには採用の際に英語力の他にディーラーとしての技術を問われます。最初はインターンとしてスタートし徐々にステップアップしていくのがルートとなるでしょう。ディーラーとしての技術に不安がある場合はカジノスクールなどで学んでからチャレンジするのも一つの手です。最高級のカジノで働けるようになるまでには大変な苦労と情熱が必要ですが、夢のために苦労はつきものですよね。

一方、オンラインカジノカンパニーはリアルマネーでスロット・ルーレット・テーブルゲームなどを気軽にプレイできるゲームの会社で、主に日本人はサポートとしての仕事はチャットメールで日本のカスタマーに向けて質問応対やマーケティングを行います。マルタの求人で検索してみると意外に多くの会社が日本人を募集しています。

どちらの求人においてもカジノの知識と英語力は問われる所ですので、自分が将来どちらのタイプのカジノで働きたいかを考慮して進路を決定する必要があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*